スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

富山県からチューリップが届きました!

チューリップの栽培で有名な富山県から、
球根が植えられたプランターが届きました!

プランターを満載した2トントラックは、富山から直接やってきました。
トラックには「東北の皆さん!!私たちも応援しています」の横断幕が貼られ、
80歳代のスタッフの方も乗せて、遠路はるばるお越し下さいました。

20111125_216.jpg

およそ80個のプランターは、住田町内の3ヶ所の仮設団地に配布されました。
団地の方々も荷下ろしを手伝い、引き渡し式も行いました。

それぞれのプランターには、富山の子どもたちからのメッセージが添えられ、
1つ1つが個性的なプランターになっています。

20111125_218.jpg

1つのプランターに球根が12個もあり、春になると一斉に咲くことでしょう。
富山の豪雪地域で育った球根は、厳しい住田町の冬をじっと待ちます。

チューリップの育て方のパンフレットもいただきました。
皆さん、「春には仮設を出たいね」という複雑な気持ちを持ちつつ、
チューリップが咲くことを待ち望んでいます。

20111125_219.jpg

スポンサーサイト

2011.11.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 住田町の仮設住宅支援

収入につながる「浜のミサンガ」づくり

NPO愛知ネットの指導による、「浜のミサンガ」づくりが始まっています。

「浜のミサンガ」は、漁具を利用してミサンガを作り、
それを販売することにより、被災された方の収入源として支援しようというプロジェクトです。
沿岸部を中心に広がっているプロジェクトですが、住田町でも11月から始まっています。

住田町内の3ヶ所の仮設団地にお住まいのお母さんたちが取り組み、
NPO愛知ネットが指導と生産管理を行っています。

20111124_184.jpg

中上団地では、旧下有住小学校の職員室で講習・指導・品質チェックを行っています。
寒い校舎内を暖めるペレットストーブをつけて、
時には黙々と、時にはおしゃべりしながら、
自分のペースでミサンガを編んでいきます。

20111124_191.jpg

火石団地と本町団地では、両団地の交流の意味も込めて、参加者を1ヶ所に集めて実施しています。
黙々と編んでは、「できたよ!」と見せ合いっこをしたり、
「話しかけると、間違えちゃうから黙ってて!」と言いながらも、ついおしゃべりをしたり、
ミサンガづくりは、お母さんたちの井戸端にもなっています。

20111124_199.jpg

そうはいっても、商品づくりですから、品質管理はNPO愛知ネットがしっかり行っております。
ここでの作品が、店頭やインターネットにまもなく並ぶことと思います。

2011.11.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 住田町の仮設住宅支援

焼き肉丼の配布

今日は、焼き肉のタレのエバラさんのご協力による、
焼き肉丼の配布を行いました。

ご飯の上に、焼き肉と野菜炒め、さらにタレをかけた焼き肉丼。
調理、盛りつけには、住田基地からのボランティアの応援も来てくださいました。
中上団地の集会所の前を調理場にして、手際よく箱詰めし、
中上団地のお母さんたちも率先して手伝ってくれました。

20111124_187.jpg

約180食も作られた焼き肉丼は、
中上団地、本町団地、火石団地の、住田町内3ヶ所のほかに、
ボランティアの方々にも配布いたしました。

12時に間に合うように、3団地の各家庭に配達されました。

ボランティアの手際の良さと、率先して手伝いに来てくださる仮設団地のお母さんたちの
合わせ技が光りました。

20111124_202.jpg

2011.11.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 住田町の仮設住宅支援

仮設住宅の手芸作品を学園祭で販売しました!

東洋大学朝霞キャンパスの学園祭に出店し、仮設住宅の手作り作品を販売しました。この企画は、東洋大学のボランティアセンターの皆さんの協力で実現したものです。

会場となった教室では、気仙沼を支援する東洋大の学生たちが写真展を実施しており、観賞後とあわせて住田町の仮設住宅の手芸作品を見てもらう事ができました。

被災地支援のブースを訪れた人たちの被災地への関心はまだまだ高いようです。東京と被災地を結んだ活動を今後も作って行きたいと思います。



2011.11.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

収穫祭で仮設団地のバンド結成!

下有住地区で集落の収穫祭が行われ、仮設住宅(中上団地)の住民も地区の一員として参加しました。祭りを企画した集落センターでは、早くから仮設住宅の人たちを、4集落が集まる下有住地区の5つ目の集落として受け入れようと支援を行ってきました。

お祭りが始まると、4地区の郷土芸能が順番に披露され、5地区目の地域として仮設住宅が紹介され、バンド演奏が披露されました。仮設住宅の住民とボランティアで結成されたバンドの名前は「ザ、シモアリス」。この日のために練習を積んだ「上を向いて歩こう」「北国の春」「カントリーロード」などを演奏し、会場と一体となって盛り上がりました。

その後も、5地区対抗綱引き大会、復興食堂、松本哲也さんのライブなどが行われ、楽しいお祭りは日がくれるまで続きました。



iphone_20111107113805.jpg

2011.11.03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

邑サポート

Author:邑サポート
私たちは、住田町、住田町社会福祉協議会、NPO愛知ネットと連携して、住田町の木造仮設住宅に暮らす人々のコミュニティづくりを支援しているボランティア団体です。
この活動は、日本財団ロードプロジェクト(2011年7月~9月)および赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」(2011年10月~翌年3月)の助成を受けています。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。